Breeze in Savanna

TOPプロフィールギャラリー活動日記ボイスリンク

voice

ボイス

皆様からお寄せいただいたご意見です ご意見はこちらから

1ページ目を表示する 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 3ページ目を表示する

匿名希望 2016年2月2日 21時16分

性別:------ 年齢:------

サバンナいのちの物語@富士フィルムフォトサロンを拝見しました。
この瞬間を撮るのにどれだけ人生を費やしていらっしゃるのか想像してしまいました。素晴らしかったです。

TED 2016年1月29日 23時56分

性別:男性 年齢:------

本日は益々先生らしい写真を拝見させていただき、心が震えました。
現在の人間社会は文明とと文化、命といのち、どちらもアンバランスに偏ってきている気がしていました。今日を機会に、わたしも医師として命といのちのバランスについて患者さんと一緒に考えていきたいと思います。
今日はほんの少しの間ですが、右脳がいつになく活躍できて幸せな時間でした。ありがとうございました。

ジーパパ 2014年9月28日 23時50分

性別:男性 年齢:60才以上

写真美術館オープンおめでとうございます。以前から先生の美しさと心温まる写真に愛、命の尊さ、人生哲学、宗教を感じ長い間ファンでおります。
数年前この素晴らしい作品をもっと多くの方に鑑賞して頂くために「井上冬彦写真美術館」をと薦めたことを思い出します。
実現されて本当にうれしいです。今週中に伺います。

匿名希望 2012年9月13日 20時55分

性別:女性 年齢:------

この夏のケニア取材日記を拝読いたしました。サバンナの風が頭と心にさーっと吹き、日常から一瞬離れました。いつも臨場感のある描写をありがとうございます。しかし、ナクル湖やその他自然の荒廃していく様子を想像すると、胸が痛みます。(訪れたこともないのですが)私たちが無関心でいれば、それはますます進んでしまうのでしょうね。どうか、今後も撮り続け、地球の記録(記憶)を残してください。

GOLO 2012年7月19日 7時36分

性別:女性 年齢:30〜34才

お久しぶりです。もう覚えていらっしゃらないかと思いますが、慈恵医大看護学科で学生時代に先生のお話初めて聞かせていただきました。あの時の感動は今でも忘れられません。
6年前に看護師としてアフリカのベナン共和国に青年海外協力隊として派遣されました。その際もこれから行ってきますとメールをさせていただいた気がします。
今は帰国し新たに助産師の資格を取り、都内で働いております。自分に何かできるかもと思い出掛けたアフリカでしたが、私自身が教えられることのほうが大きかったです。物質的な豊かさは劣るかもしれませんが、家族を思いやる気持ち、家族を大切に思う気持ちは、日本であくせく働いていた私に生きてくうえで本当に大切なものを教えてくれた気がします。
助産師になったのも、いつかアフリカに恩返しするために自分自身を磨くためです。看護師として働いていた際に終末期の方々とお会い知る機会があった私が、生命の誕生の際に関われることは大きな意味を感じます。といってもまだまだ修行の身ですが...。
この度、縁あって母校の慈恵医大看護学科で基礎実習に行く前の学生さん達に、『私の看護観』(ちょっと大それた気がしますが)という題でアフリカでの経験も交えお話をさせていただくことになりました。ふと、学生時代に先生のお話を聞いたことを懐かしく思い出しました。20代のまだ看護学生だった私にとって、子供の頃抱いた夢のその姿に今なっていますと話す先生の姿は本当の本当に素敵でキラキラしてました。夢はただ抱くものではなく叶えるものだと強く教えていただいた気がします。あの時感動で涙が止まらなかった事は昨日の事のように覚えています。
先生のように素敵なお話ができるか不安もありますが、こんな私でも看護師になり、アフリカへ行き、そして今助産師として働いてることを未来の可能性が無限大の学生さんたちにお伝えできればなと思っています。これからのますますの先生のご活躍を心からお祈りしております。

こちらからご意見お寄せください

1ページ目を表示する 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 3ページ目を表示する

メルマガ希望の方このサイトについて

Copyright © FuyuhikoInoue all rights reserved.