Breeze in Savanna

TOPプロフィールギャラリー活動日記ボイスリンク

diary

日記

私の日々の生活や、思ったことなどを書きためて行こうと思います。
XMLを利用したコンテンツ配信フォーマット(RSS)をベースにした日記の配信を行っております。 XML 配信

2ページ目を表示する 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 4ページ目を表示する

私のQOL 2017/03/13
毎日新聞朝刊に毎日ヘルス&ライフというページがあり(24面)、そこに『私のQOL』というコーナーがある。
そこに写真入りで大きな記事が載りました。
興味のある方は覧ください。

生きがい 2017/03/08
去年の写真展に何度も来てくれた青年がいた。
いじめられて苦しんでいた時に図書館で僕の写真集『Love Letter』を観て、癒され、救われたと言っていた。
だが、まだ乗り切っていなかったのだろう。
ちょっと暗い顔をしていた。
今回の写真展でもきっと来てくれるだろうと待っていた。
彼は僕が覚えていないと思っていたようだが、そんなことはない。
何度も来てくださる人の顔はだいたい覚えている(会話しないと思えられないが・・・・)。
だが、結局2週間会えなかった。
最終日パネルを片づけている時に彼がふらりと現れた。
「7時までじゃないのですか・・・・」
時間を間違えていたようだ。
「でも先生に会えてよかった。新しい写真集Symphony of Savannaは本屋で買います」と言って帰っていった。
表情は昨年よりはるかに良かった。
「去年より元気そうだね」と言うと、にっこりうなずいた。

僕の写真集を観て、人生が変わったと言ってくださる人がたくさんいる。
そういった反応が僕の生きがいになっている。

写真展終了 2017/03/07
写真展が終了した。
怒涛のような2週間だった。
外来をしながら、火曜木曜以外は会場に通い、ギャラリートークを4回も行い、母の見舞いにも何度か行った。
最初は「体がもつかな」と思ったが、最後まで大きく体調を崩すことはなかった。
「終わったらがっくりする」とみんなが心配してくれたが、倒れている暇はない。
今日も元気いっぱいで、運動にも行き、母の見舞いにも行ってきた。
明日からは通常の生活に戻るが、しばし事後の処理に忙殺され、忙しい日々が続くだろう。

回数を重ねているから年々展覧会としてのレベルがあがっているのは当然であるが、今回は久しぶりの写真集出版記念と30周年が重なったために特別力を入れた。
今まではレイアウトやキャプションをすべて自分一人で決めてきたが、今回は会場も広く、入念に準備をするととともに、若く才能豊かな瀬尾拓慶君と知り合うというご縁もあって2人でコラボして空間を創った。
その分、費用もかかったが、自分史上ベストの写真展になったと思っている。
皆さんの反応もよく、素晴らしい時間を持つことができた。
多くの友人・知人・患者さんたちが来てくれたし、応援してくれた。
本当にありがとうございました。

写真展日記 3月4日(土) 2017/03/04
今日は土曜日。
午前中の外来後に会場に向かう。
この10日余りで200枚用意した購入物品を入れるレジ袋がなくなってしまうほど、多くの方々に写真集や絵葉書を買っていただいている。
今日は、先週の土曜日より3割多い280人の方々に来ていただいた。
ありがたいことだ。

広い会場なので、ゆっくり観ていただいているが、どうしてもスライドショウ(26分間)のところで人が滞ってしまう。
しかし、このスライドショウはぜひご覧いただきたいと思っている。
少し難解な写真のキャプションも、私の30年の流れ綴ったスライドショウを観るとよく理解できると言ってくださる人が多いからだ。
各時間の0分、30分にスタートするスライドショウ。
早めに席を確保して、ご覧いただければ幸いです。

明日は日曜日。
朝一番で昨年のタンザニアで出会った人たちが奈良や静岡から来てくださるそうだ。
再会が楽しみだ。
午後からは相当混むと思われます。

今後(日、月、火曜)私はフルに会場にいます。
ただし、最終日は撤去日のためにPM3で終了になります。
お間違えのないように・・・・。

写真展日記 3月2日、3日 2017/03/03
2日は一日外来で会場には行けず。
3日はPM6まで会場にいられたが、その後は母の病院に向かう。
痛みもコントロールされ、安らかな顔になっていてひと安心だ。
写真展も後半に入ってきた。
僕自身、かなりハードスケジュールだが、多くの方々にパワーをいただき、頑張ることができている。
今までは、僕の行けない日は60〜70人、行く日は100人前後、ギャラリートークの日は160人以上、土日は混んで200〜300人以上といったところだが、これからの終盤はリピータ―の方々が増えてくるので、もう少し混むと思われます。
時間帯としては、2〜5時がやや混むため、スライドショウの席が埋まってしまうことがあります。
最初と最後はじっくりご覧いただけると思います。

今回は、かつてないほど宣伝に力を入れたので、実に多くの方々が協力してくださっている。
本当にありがとうございます。

2ページ目を表示する 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 4ページ目を表示する

メルマガ希望の方このサイトについて

Copyright © FuyuhikoInoue all rights reserved.