Breeze in Savanna

TOPプロフィールギャラリー活動日記ボイスリンク

diary

日記

私の日々の生活や、思ったことなどを書きためて行こうと思います。
XMLを利用したコンテンツ配信フォーマット(RSS)をベースにした日記の配信を行っております。 XML 配信

3ページ目を表示する 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 5ページ目を表示する

31年目に入った 2017/08/09
30年前の8月初旬初めてアフリカへの旅に出た。
ごく普通のパッケージツアーだった。
あれから60回もの旅を続けてきた。
思いもしなかった展開だった。
写真家になり、写真展を何度もおこない、写真集も4冊(子供向けの写真絵本はさらに10冊)上梓できた。
そして31年目に突入した。

新しいスタートだと思っている。
今は次回の本に向けて構想を練っている(まだ出版が決まったわけではないが進行中)。
その本の足りないところを埋めるために、9月後半から61回目の旅に出る。

あきらかに言えるのは視点がどんどん変わってきていることだ。
とくに前回の旅から、今まで見えていなかった、見ようとしてこなかったものが見えるようになってきた。
それらをどんどん撮ってきたいと思っている。

いのちと癒しのメッセージ 2017/08/08
8月1日に講演をおこなった。
木更津の養護教員たちの会の勉強会だった。
テーマはいのちと癒し。
このテーマについて考えつけて20年以上。
この難解なテーマに自分なりの考えが構築できたと思っている。
しかし、いのちの本質を理解することはとても難しい。
伝えるのはもっと難しい。
推敲を重ね、1時間の講演でそれを伝えられる内容には仕上がったが、はたして理解してもらえたか・・・。

いのちは狭い視点では自我に縛られているが、広い視点で見るほどに愛(慈悲)に近づくのだ。
そして、人は成熟するにしたがい、広い視点を持ち、深く自らを癒すことができるようになるととともに本当のいのち近づいていける。
それらの意味を科学的に哲学的に説明できるようになってきた。

報道写真ギャラリーBEHIND  2017/07/04
共同通信イメージスの報道写真ギャラリーBEHIND http://behindphotos.com
に前回の写真展『Symphony of Savanna』で出した写真を中心に約60点を公開させてもらった。
同社社長の小羽さんが写真展にみえ、評価していただいたことがきっかけとなってこの企画ができた。

このギャラリーでは、写真展と同様に1)光と水の循環 2)命の循環 3)無償の愛をテーマにし、それぞれ約20枚の写真で構成してある。
写真展では、30年の集大成ということで古い写真も多く出していたたが、古いものは可能な限り新作に切り替えた。
キャプションも入っています。
ぜひご覧ください。

何を食べてよいのですか? 2017/06/26
いったい何を食べてよいのですか、とよく聞かれる。

実に単純なのだ。
日本人と欧米人では食文化の歴史が違う。
日本人が欧米食や加工食品を食べるようになり、病気が激増した。
食の基本は、その土地でとれた旬のものを、よく噛んで、感謝して食べることだ。
あとおなかが弱い人は極力冷たいものを避けるのがよい。
ただこれだけでよいのだ。
なにも難しいことはない。
あまりにも食品の数が増え、世界各地の料理が手軽に食べれるようになってきたから、多くの人がその基本を見失っている。。
もちろん何を食べようと自由であるが、食の基本から外れすぎると、メタボになるか慢性的におなかの調子が悪くなる。
また、同じものばかりを食べることもリスキーだろう。

健康番組を信じない NO2 2017/06/25
C食物繊維
食物繊維は必須だ。
これには異論がないが、これも量が多いとガスがたまる。
とくにごぼう、芋、豆、ニラ、小豆などはその最たるものだ。
これらもとりすぎず、少しずついろいろな野菜をとるほうがよい。
ごぼう茶を始めて、おなかの調子が悪くなった人を何人もみている(どこでも診断ができていなかった)。

Dパン
さすがにパンが体に良いと言っている人はほとんどいない。
だが、毎朝パン食という家庭がいかに多いことか・・・。
パンには最悪の油、マーガリン、ショトニングが入っているものが多い。
はっきり言って食べてはいけないものだ。
また、パンは胃もたれ、胸やけの原因になる。
胸やけなどの逆流性食道炎症状があって、強い制酸剤を投与されたが改善しないという患者さんがよく訪れる。
パンをやめて、よく噛むようにしただけで劇的に改善するはずだ。

Eパン以外の小麦
肥満の人、慢性疲労の人、胃腸の具合が慢性的に悪い人には、小麦をやめるように指導する。
それだけでだめなら乳製品断ちも追加することで、多くは改善する。
1〜2か月後に外来を訪れた時にはみなさん劇的にスリムになっている。
それだけでなく、皆さんが頭がすっきりしたという。
目覚めがよくなったという声もよく聴かれる。

3ページ目を表示する 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 5ページ目を表示する

メルマガ希望の方このサイトについて

Copyright © FuyuhikoInoue all rights reserved.